抗ウイルスアルマイト・抗菌アルマイト

当社では、菌の増殖を抑え、製品の表面を衛生的に保つ「抗菌」「抗ウイルス」効果のある表面処理を行うことができます

今回は、その「抗ウイルスアルマイト」「抗菌アルマイト」についてご紹介します。

※抗菌とは、菌を殺したり取り除くのではなく、菌が増殖しにくい環境を作ることです。日本産業規格(JIS)では「製品の表面における細菌の増殖を抑制する状態(カビや酵母などの真菌類は含まれない)」と定義されています。

抗ウイルスアルマイトとは

最近はコロナウイルスの流行もあり、清潔な暮らしを今まで以上に心がけるようになった人も多いのではないでしょうか。
触れることの多いものは特に、菌の増殖を抑えたいもの。

当社、抗ウイルスアルマイトでは下記ウイルスに対して効果が認められました。(コロナウイルスについては現在試験依頼中です)

  • A型インフルエンザウイルス
  • 「猫風邪」「猫インフルエンザ」と言われるネコカリシウイルス

電研の抗ウイルスアルマイトの分類

金属イオン光触媒を用いた、半永久的に効果を持続する無機質系の抗菌・抗ウイルスアルマイトです。

抗ウイルスアルマイトの試験結果

抗菌アルマイトとは

当社の細菌増殖を抑える表面処理、いわゆる「抗菌アルマイト」は、半永久的に抗菌・抗ウイルス作用が続きます。

抗菌アルマイト

吐き気や下痢・嘔吐・腹痛などを引き起こす黄色ブドウ球菌や、食中毒を引き起こす大腸菌に対しても、この表面処理を行うことで即効性の高い抗菌効果をその製品に付与できます

例:家電製品、電化製品、文房具、ホビーパーツ、遊具、ペット用品、モータースポーツ用品、取手、食品搬送用ベルト 等

抗菌アルマイトの試験結果

実際に行われた試験の結果を下記にご紹介します。

試験方法・フィルム密着法

大腸菌における抗菌効果の試験結果

写真 左が抗菌アルマイト、右が従来のアルマイト

黄色ブドウ球菌における抗菌効果の試験結果

写真 左が抗菌アルマイト、右が従来のアルマイト

抗菌・抗ウイルスアルマイトの仕組み

アルミ製品に抗菌・抗ウイルス成分を含んだ酸化被膜がつくられる事で、その効果を付与することができます。

抗菌アルマイト・抗菌アルマイトのメカニズム

続いて、アルマイトの工程について説明します。

抗菌アルマイト・抗ウイルスアルマイトの参考工程表

抗菌アルマイト・抗ウイルスアルマイトまとめ

抗菌アルマイトを行うと、大腸菌や黄色ブドウ球菌に対して、即効性の高い抗菌効果を製品に付与することができます!抗ウイルスアルマイトを行うと、 A型インフルエンザウイルスやネコカリシウイルスに対して効果を発揮します。

そのため、衛生的に保たれた製品を取り扱うことが可能です。
今後も安心して清潔な暮らしを続けていくために、取り入れてみてはどうでしょうか。